個人情報保護方針

当社の個人情報保護義務

当社は、当社がサービスを提供する個人の医療健康情報(以下「保護された健康情報」または「秘密健康情報」といいます。)のプライバシーを保護するとともに、一切の関連する州、国内および国際法令(1996年の医療保険の携行性と責任に関する法律(HIPAA)を含みます。)を遵守するよう努めます。また当社は、本通知の条件(その後の随時改定を含みます。)に従います。

お客様の承諾書を要する使用および開示

お客様の承諾に基づく秘密健康情報の使用または開示

当社が秘密健康情報を使用または開示する場合、署名済みの公開承諾書によるお客様の承諾を必要とします。当社は、お客様の承諾を得た後、お客様へ当社サービスを提供するために秘密健康情報を使用および開示します。この承諾によって、当社は、お客様へ当社サービスを提供するために、お客様が特定する病院および医師から情報を収集することができます。また、当社は、お客様に対する当社サービスの提供に関与するその他の医療機関または医療専門家に対しても秘密健康情報を開示することがあります。

当社が家族、親戚、友人またはその他の者に対して秘密健康情報を開示することはありません。ただし、お客様が承諾するにあたり、秘密健康情報を受領するにふさわしいとして明確に特定した者の場合はこの限りではありません。かかる使用または開示に反対される場合は、オフィス・マネージャーまでお知らせください。

当社は、秘密健康情報が医師または医療機関によるお客様の治療の継続または特定医療行為の実施(質の評価および向上に関する活動、医療専門家の質および能力の確認、または医療詐欺および虐待の発見もしくは医療詐欺および虐待に関する法令遵守のための業務等)に適している場合は、お客様の承諾により、かかる秘密健康情報をお客様が特定する医師または医療機関へ開示することもあります。

HIV関連情報の制約

当社は、機密HIV関連情報を使用または開示するために別途、特定かつ個別の公開承諾書を必要とします。ただし、特定の限られた状況において、公衆衛生当局もしくはその他の政府当局者、もしくは性的関係のあるもしくは注射針もしくは注射器を共有したことのある者に対する場合(いずれの場合も法の定めるところによります。)、特別裁判所命令により特定された者に対する場合、または性的関係のあるもしくは注射針もしくは注射器を共有したことのある特定の者に対して開示する場合はこの限りではありません。

支払

お客様が事前に明確に同意する場合を除き、当社は、当社が支払を受ける機関からの支払を得るためにお客様の秘密健康情報を使用または開示することは決してありません。また、かかる支払機関に対して、個人を特定しない情報(お客様の氏名、住所、社会保障番号または個人を特定するその他の方法を含まない情報)を開示することはあります。

マーケティングコミュニケーション

当社は、まず承諾書である体験談公開承諾書を受領しない限り、お客様の秘密健康情報をマーケティング資料に使用することは決してありません。また、当社は、お客様が当社のサービスを受ける前に体験談公開承諾書へ署名するよう求めることも、お客様の秘密健康情報をマスマーケティングの目的で使用することも決してありません。

お客様の承諾書なしで認められる使用および開示

当社は、次の使用および開示に関しては、お客様からの承諾を受ける必要はありません。

業務

当社は、当社サービス業務(内部管理・企画ならびに当社がお客様に提供するサービスの質および費用対効果を向上させる様々な活動を含みます。)のために秘密健康情報を使用および開示することがあります。例えば、当社の社員ならびにコンサルティングを行う医療機関および医療専門家の質および能力を評価するために秘密健康情報を使用することがあります。また、当社は、お客様からのクレームを解決し、お客様が最高の質のサービスを受けることができるよう、当社の経営陣に対して秘密健康情報を開示することもあります。

公衆衛生活動

当社は、下記の公衆衛生活動に関し下記の報告を行うために秘密健康情報を開示することがあります。

  • 疾病、傷害または障害の防止または抑制を目的とした公衆衛生当局への情報
  • 医療制度を監督し、政府プログラムの規則の遵守を徹底させる責任を担う健康監督局に対する情報
  • 政府当局(虐待、放置または家庭内暴力の報告を受けることが法により認められているソーシャルサービスまたは保護サービス機関を含みます。)への児童の虐待もしくは放置、または家庭内暴力の報告
  • 米国食品医薬品局の管轄下の製品およびサービスに関する情報
  • 伝染病にさらされた、または疾病もしくは症状に感染もしくはこれを拡散する危険のある者に対する報告
  • ある者または公衆の衛生または安全に対する深刻かつ差し迫った脅威を防止または軽減するため
  • 臓器、眼球または組織の調達、バンク業務または移植を促進する機関に対する報告
  • 治験審査委員会(Institutional Review Board)/プライバシー委員会(Privacy Board)が開示承諾の放棄を認めた場合に行う、研究目的での報告
  • 職務上の疾病および傷害または職場の医療監視に関する法に基づき求められるお客様の雇用主に対する情報の報告

行政手続

当社は、下記の行政手続に関して報告を行うために秘密健康情報を開示することがあります。

  • 法的命令またはその他の合法的手続に対する司法手続または行政手続の一環として
  • 法によって求められるもしくは認められる、または裁判所命令もしくは大陪審もしくは行政上の召還令状に従い、警察またはその他の捜査当局に対する報告
  • 法によって認められた検視官または監察医に対する報告
  • 法の定めるところによる特定の状況下における、特別な機能を有する 政府の部門(米軍または米国国務省等)に対する報告
  • 労働災害補償またはその他類似のプログラムに関連する法によって認められ、かつ当該法を遵守するために必要な範囲での報告
  • 前述の分類において既に記載されていないその他の法によって開示が求められる場合

お客様の個人の権利

詳細情報、クレーム

お客様は、お客様のプライバシーの権利に関する詳細情報を求める場合、当社がお客様のプライバシーの権利を侵害したという懸念がある場合、または秘密健康情報の利用に関して当社が行った決定にご同意いただけない場合は、当社のプライバシー・オフィサーへ連絡することができます。プライバシー・オフィサーの連絡先は下記のとおりです。また、関連する地方、州、国内または国際個人情報保護機関に対して書面にてクレームを提出することもできます。お客様が当社または行政機関に対してクレームを提出しても、当社がお客様に対して報復することはありません。

追加制約請求権

お客様は、当社による秘密健康情報の使用および開示について、下記のとおり制約を求めることができます。

  • 治療、支払いおよび医療行為に関して
  • 当社によるお客様に対するサービス提供に関与した個人に対して、または
  • お客様の所在および一般的な状態に関して、かかる個人に対する通知または通知支援のために

かかる制約に関する請求はすべて書面によるものでなければなりません。当社は、すべての追加制約請求を慎重に検討しますが、請求された制約に同意する義務を負うものではありません。

秘密情報を入手する権利

お客様は、代替的な通信手段または場所で秘密健康情報を入手するよう、合理的な申請書を申請することができ、当社はかかる申請に応じます。

お客様の健康情報を閲覧、複写する権利

お客様は、申請書により、記録を閲覧し、その複写を申請するために、当社が所有するお客様の秘密健康情報電子ファイルを利用することができます。当社は、限られた状況の下、お客様によるその記録の利用を拒否することもあります。ご自分の記録を利用したい場合、下記に特定するプライバシー・オフィサーを通じて利用申請を行ってください。その場合、承諾書が必要となることもあります。複写を申請する場合、当社は、支払毎またはファイル毎に、小額の手数料を請求することがありますが、その場合には、申請手続開始前にお客様に対して当該手数料を特定するものとします。また、複写した書類の郵送を希望される場合は、郵便料金を請求することもあります。